iPhone se(第2世代)とiPhone 11 比較 !選ぶならどっち?

iPhone se2 vs iPhone 11 hikaku iPhone特集

iPhone se(第2世代)とiPhone 11はどちらも、これまでのiPhoneに比べると価格も手頃で高性能なスマホですね。

「買い換えるならどちらを選ぼうか?」と迷っていませんか?

そこで、iPhone se 2とiPhone 11の特徴や使い勝手などを比較してみました。

買い替えを検討中なら、ぜひ参考にされてください。

iPhone se 2とiPhone 11/6つの共通点とは?

まず、iPhone se 2とiPhone 11の共通している点を見ていきましょう。

iPhone se 2とiPhone11の共通している所は、大まかに分けると以下の6点です。

  1. 高性能プロセッサー「A13 Bionic」を搭載
  2. FeliCaでタッチ決済できる(WAONやSuicaなど)
  3. ワイヤレス充電対応
  4. 手ブレ補正機能搭載
  5. ステレオスピーカー内蔵
  6. eSIM対応

上記のようにどちらも、スマホでは最高の性能と言われる「A13 Bionic」を搭載しています。

そのため、サクサク動くことはもちろん、より高画質なカメラ撮影ができるようになりました。

また、バッテリーの持ちも格段に良くなっています。

他にも、スマホ決済ができる、ワイヤレス充電に対応、撮影時の手ブレ補正機能などが共通点として挙げられます。

このように、これまでのスマホに比べてiPhone se 2とiPhone11は、どちらも高性能・低価格というコストパフォーマンスの高さが魅力となっています。

それでは次に、iPhone se 2とiPhone11の特徴や使い勝手から、それぞれの違いを見ていきましょう。

iPhone se 2とiPhone 11の特徴を比較 !5つの違いとは?

 iPhone se 2iPhone 11
価格/税抜き(Apple Store)(64GB)4万4800円・(128GB)4万9800円・(256GB)6万800円(64GB)7万4800円・(128GB)7万9800円・(256GB)9万800円
ディスプレイ4.7型 6.1型
横幅・重量67.3mm・148g75.7mm・194g
生体認証Touch ID (指紋認証)Face ID (顔認証)
カメラ性能シングルカメラデュアルカメラ

上の表のように、価格はiPhone se 2が4万円台から、iPhone11は7万円台から購入することができます。

また、ディスプレイ画面の大きさや本体の重さ、「生体認証」の方法、カメラの性能などに違いがあります。

iPhone se 2とiPhone 11の使い勝手を比較

【iPhone se 2】

iPhone se 2は、片手で持ちやすいサイズ感が特徴です。

そのため、親指だけの操作もしやすく、日頃からスマホをポケットに入れている人もあまり気にならないでしょう。

ただ、バッテリーの持ちはiPhone 11がビデオ再生時間最大17時間に比べると、iPhone SEは13時間となっています。

外出先でゲームや動画を楽しみたい方には、バッテリーの残量が気になる場合があるかもしれません。

それでもiPhone se 2は、Touch ID (指紋認証)に対応しているというのが大きな特徴です。

今の時代、コロナで外出の際のマスクは必須ですよね。

マスクをしていると、顔認証に反応しないので、顔認証しかないiPhoneは逆に不便と言われています。

いちいちパスコードの入力が必要になるからです。

外出が多い方なら、かえってiPhone se 2が便利に感じることもあるでしょう。

【iPhone 11】

iPhone 11は、iPhone se 2に比べて画面が大きいのが特徴です。

ゲームや動画などに使用する場合は、やはり画面は大きい方が見応えがありますよね。

バッテリーの持ちも良いため、外出先でも気にせずに高画質の動画を楽しむことができます。

また、今の時代、在宅勤務でビデオ会議などが増えた方にも、快適に利用できるでしょう。

さらに、「デュアルカメラ」はiPhone se 2にはない機能です。

ズームや広角での撮影、夜でも明るくきれいに撮れる、写真スタジオで撮影したかのような照明効果などが、かんたんに撮影できます。

ただ、iPhone 11は生体認証がFace ID (顔認証)のため、マスクをしていると反応しません。

そのため、パスコードの入力が必要になります。

外出先でいちいちパスコードを入力するのは、面倒な場面もあるでしょう。

iPhone se 2が向いているのはこんな人

iPhone se 2は、iPhone 11に比べるとバッテリーの持ちは良くありません。

ですが、通話やSNSで利用することが多い方なら、特に気にならないでしょう。

また、外出先で利用することが多い方は、マスクをしていても影響しない Touch ID (指紋認証)は便利ですね。

iPhone 11が向いているのはこんな人

iPhone 11は、バッテリーの持ちが良く画面も大きいため、高画質でゲームや動画を楽しみたい方に向いています。

さらに、スマホでカメラ撮影をする機会が多い人には「デュアルカメラ」は外せないメリットでしょう。

iPhone 11は、スマホの機能を存分に楽しみたい方にとってはその快適さは魅力です。

あなたが今選ぶのは、iPhone se 2とiPhone 11どちらのスマホ?

いかがでしたか?

iPhone se 2とiPhone 11の共通点や違い、使い勝手などを比較してみました。

iPhone se 2はライトユーザー向け。

いっぽうのiPhone 11はヘビーユーザー向けと言えます。

ただ、スマホを外出先で利用することが多い方にとっては、顔認証しかできないiPhone 11に不便に感じる場面もあるでしょう。

今は、どういう場面でスマホを使うことが多いのか?を考えて、あなたにとって使いやすい方を選ぶのが良さそうです。

今年発売される新iPhone 12には、Face IDとTouch IDのどちらにも対応していることを期待したいですね。