ワイモバイルの家族割で料金はいくら安くなる?申込みの条件と方法も解説!

y!mobile-kazokuwari-ryokin-moushikomi-zyouken Y!mobile特集

ワイモバイルの家族割について「料金はいくら安くなるの?」「申込みの条件や申込み方法は?」「家族間の通話は無料になる?」などをまとめました。

ワイモバイルには家族割と併用できない割引やサービスもあります。

家族割を申し込む前にぜひチェックされてください。

【ワイモバイルの家族割】料金はいくら安くなる?

ワイモバイルの 家族割を利用すると、毎月の携帯料金が500円安くなります。

家族割は2台目以降の料金に適用されます。

例えば、家族4人で利用する場合は、以下のように年間18,000円もお得になります。

【2台目以降に適用】

( 500円/月)X 3台分X 12ヶ月= 18,000円

18,000円あれば、家族4人で少しぜいたくな外食もできますね。

5年間では、18,000円 X 5年間 = 90,000万円も節約できちゃいます。

ワイモバイルの家族割に申し込むための2つの条件

ワイモバイルの家族割に申し込む際の条件は、以下の2つのみです。

  1. 家族割の対象になるプランに申し込む
  2. 家族(血縁・婚姻)または同居して生計を同じくしていること

家族割の対象になるプランに申し込む

家族割の対象になるプランは以下の3つです。

  1. スマホベーシックプラン
  2. Poket WiFiプラン2(ベーシック)
  3. データベーシックプランL

1台目と2台目以降を、上記のいずれかのプランで申し込むと家族割の対象になります。

家族(血縁・婚姻)または同居して生計を同じくしている

ワイモバイルの場合、家族割の対象になる【家族】とは以下のようになります。

  1. 同居している家族
  2. 遠く離れて暮らしている両親や一人暮らしのお子さん
  3. 遠い親戚(何親等かの条件なし)
  4. 同居中の恋人

親戚や恋人も家族割の対象になるんですね。

ワイモバイルの家族割は何人まで申し込めるの?

ワイモバイルで家族割が適用されるのは9台まで。
ワイモバイルでは9回線分の家族割を申し込むことができます。

家族割に申し込む方法は?

ワイモバイルの家族割に申し込む方法は、ワイモバイルショップへ行って申し込む方法と、オンラインで申し込む方法があります。

家族割は、複数台をいっぺんに申し込む必要はありません。

まず1台(主回線)を契約し、2台目以降をあとから追加する場合でも適用されます。

必要な書類を確認しよう !

家族割の申し込みには、「家族確認書類(運転免許証・パスポート等)」「家族割引サービス同意書」が必要です。
「家族確認書類」は、同居している家族または離れて暮らしている家族など、場合によって違います。
申し込む前に必ず確認しましょう。

ワイモバイルショップで申し込む方法

ワイモバイルのショップで申し込むには、家族割に必要な書類を確認した上で、最寄りのショップで申し込みます。

本人ではなく代理人が行く場合は「委任状」も必要になります。

また、営業時間が短縮されていたり定休日に変更がある場合もあるため、ショップへ出かける前に確認しておきましょう。

オンラインストアで申し込む方法

オンラインストアでも家族割を申し込むことができます。

その場合は、まず先に1台目(主回線)の申込みを済ませ、その後、2回線目以降の申し込みをします。

注意していただきたいのは、オンラインストアで1台目(主回線)を申し込む際には「家族割引サービス」の欄にチェックを入れないことです。

1回線目に家族割の適用はありません。

うっかりチェックを入れると、家族割の申込みがスムーズにできなくなるため気をつけましょう。

次にオンラインストアで2回線目以降を申し込む際には、先ほどの「家族割引サービス」にチェックを入れると、家族割を申し込むことができます。

「家族割引サービス」にチェックを入れると、次のページで1回線目(主回線)の電話番号や契約者氏名などを入力する欄が表示されるので、入力して申し込みます。

オンラインで申し込む場合でも、必要書類をアップロードして提出することができます。

また、オンラインストアから申し込みをすると、契約事務手数料3,000円→無料のキャンペーンが適用されます。

契約事務手数料は、1家族あたりではなく1人につき3,000円が必要です。

そのため、家族割を申し込む際にはオンラインで申し込めば人数分がお得になります。

もしオンラインの申込みで迷ったら、チャットでその場で質問できるため安心です。

ワイモバイルの家族割は1人で複数台の契約にも適用されるの?

ワイモバイルの家族割は、じつは1人で複数台を契約する場合にも適用されます。
家族割という名前ですが、1人での申込みにも適用されるため、複数回線を申し込まれる際はぜひ利用しましょう。

家族間通話無料はある?

ワイモバイルには、家族間通話無料のサービスはありません。

ただワイモバイルには10分間かけ放題プランがついています。

他の会社の携帯電話でも固定電話でも、10分間以内なら何回かけても無料で通話できます。

ワイモバイルの家族割と併用できるサービス/できないサービス

ワイモバイルの家族割を利用すると、携帯料金がとてもお得になります。

ですが、ワイモバイルには他にもさまざまな割引やサービスがあり、家族割と併用できるものとできないものがあります。

【併用できるサービス】

● 新規割り
● 学割

【併用できないサービス】

● おうち割光セット
● 光オトク割
● wi-fiセット割
● イー・モバイルセット割
● タブレット割引(スタートキャンペーン向け)
● もう1台無料キャンペーン

併用できないサービスを検討されている場合は、どちらを申し込む方がお得になるかを申し込む前にチェックしておきましょう。

まとめ

ワイモバイルの家族割サービスについて、簡単におさらいしましょう。

ワイモバイルはもともとの月額料金が安いうえに、家族で利用すれば家族割が適用されてさらに安くなります。

ワイモバイルには大手キャリアのように家族間の通話無料はありません。

ですが、家族だけではなく誰とでも10分間は無料で通話できます。

また、遠い親戚や同居の恋人までと広範囲に家族割が適用されます。

そのため複数人で使うと毎月のスマホ代がとてもお得になりますね。