【iphone】非正規店でバッテリー交換した端末もAppleが修理をサポート

iPhone特集

Appleは、これまで非正規店でバッテリー交換したiphoneについては、修理を受け付けていませんでした。

しかし、2019年2月28日より、非正規店でバッテリー交換したiphoneでもAppleで修理ができるようになりました。

Appleの修理サポートが可能になった2つのケース

2019年2月28日より、Appleの修理サポートが可能になったのは以下の二つのケースです。

●Apple製ではないバッテリー
●Apple製ではないディスプレイ

数千円安いからと、Appleの非正規店でバッテリーを交換しまうことってありますよね。

これまでは、その後、Appleの修理サポートが受けられなくなっていたのですが、可能になりました。

また、他社製のディスプレイが使われているiphoneも、Appleの修理サポートの対象になりました。

Appleの修理サポート対象外はこんなケース

●他社製バッテーリーの不具合
●他社製部品(電源コネクタなど)の不具合
●他社製の部品が使用されているiphone

他社製のバッテリーや部品の修理はサポートの対象外です。

また、他社製の部品が使用されているiphoneは、受け付けてもらえないことがあります。

純正部品のiphoneじゃなくても「AppleCare+」に加入するには?

例えば、他社製のバッテリーが使用されているiphoneでも、Appleのバッテリーに交換することで、「AppleCare+」に加入できます。

他の部品も同じように、Appleの純正部品に交換すれば「AppleCare+」に加入することができます。

「AppleCare+」って何?

AppleCare+とは、Appleの保証期間が2年間に伸びるサービスです。

Appleの保証期間は通常1年間で、iphoneを購入した時に無償でついています。

補償内容は、iphone本体だけではなく、イヤフォン、バッテリーなどの付属品も補償の対象になります。

また、電話サポートも補償期間中に受けることができます。

AppleCare+は、これらの保証を2年間に延長して受けられます。

AppleCare+の手厚い補償として、iphoneを落としたり水没させた場合も、通常よりも手軽な価格で修理をサポートしています。

まとめ

非正規店でバッテリーを交換していても、非正規店のディスプレイを使用したiphoneでも、Appleで修理をサポートしてくれるようになって、より安心してiphoneを使えるようになりましたね。