ソフトバンクでiPhone SE 2を半額で買ってワイモバイルで安く使う方法

iPhone se 2-ymobile iPhone特集

iPhone SE 2の販売がいよいよ開始されましたね。

4万円台から購入でき、しかもiPhone 11と同じプロセッサを搭載しているため、第2世代iPhone SEに興味をお持ちの方も多いと思います。

そんなiPhone SE 2は、ソフトバンクで半額で購入することができるんです。

>>今すぐソフトバンクのオンライン
ストアでiPhone SE 2を購入する

そして、初代iPhone SEはワイモバイルとも相性がいいスマホとして知られています。

ワイモバイルの公式ページを見ると今回の第2世代iPhone SEも、すでに「動作確認」が済んでおり、使えることが確認されています。

iPhone SE 2を半額で買えて、さらにワイモバイルで通信料も抑えられたら、スマホ代をずいぶん節約できますね。

ここでは、ソフトバンクでiPhone SE 2を半額で買ってワイモバイルで使う方法や「いくら節約できるの?」についてまとめました。

よかったら、参考にされてください。

ソフトバンクでiPhone SE 2を半額で買いワイモバイルで使う手順は?

ソフトバンクでiPhone SE 2を半額で買いワイモバイルで使う手順は、3ステップです。

  1.  ソフトバンクの「トクするサポート+」を使って、iPhone SE 2を半額で購入する
  2.  ソフトバンクでSIMロック解除の手続きをする
  3. ワイモバイルでSIMカードを購入する

それでは、ひとつひとつご説明しますね。

購入の前に知っておいてほしいこともあるので、ぜひチェックしてみてください。

ソフトバンクの「トクするサポート+」でiPhone SE 2を半額で購入するには?

ソフトバンクの「トクするサポート+」とは、対象の機種を48回払いで購入した場合に受けることができるサービスです。

ソフトバンクで回線の契約をしなくても利用することができます。

そのため、ソフトバンクでスマホ本体を半額で購入し、回線の契約はワイモバイルで、ということもできるんですね。

また、利用料は無料です。

「トクするサポート+」を利用するには、対象の端末を48回払いで購入するだけ。

特別に申し込む必要はありません。

以下の特典からどちらかお好きな方を選ぶことができます。

  • (特典A) 25ヶ月目にソフトバンクで機種を買い替え、iPhone SE 2を返却する
    →残り24回分の支払いが不要になる
  • (特典B) 機種は買い替えず、13カ月目以降にソフトバンクにiPhone SE 2を返却する
    →PayPayボーナスを付与される

「トクするサポート+」でiPhone SE 2を半額で購入するには、上記の(特典A)25ヶ月目に買い替えるを選びます。

「トクするサポート+」でiPhone SE 2はいくら?

iPhone SE 2をソフトバンクで購入する際の、通常価格と「トクするサポート+」を利用し25ヶ月目に買い替えた時の価格は以下のようになります。

【iPhone SE 2/税込み】

 通常価格「トクするサポート+」(買い替え)
64GB 57,600円28,800円
128GB64,080円32,040円
256GB78,480円 39,240円

「トクするサポート+」は、新しい機種を安く購入したい方にとっては、とてもお得感のあるサービスですね。

ソフトバンクではすでに予約が始まっています。

今、コロナ対策としてショップの営業時間が短くなっています。

オンラインストアなら24時間いつでも利用できて便利です。

>>今すぐソフトバンクのオンラインストアでiPhone SE 2を予約する

ソフトバンクでのiPhone SE 2 の発売は5月11日(月)です。

ソフトバンクのiPhone SE 2はワイモバイルでそのまま使える?

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営しています。

そのため、「そのまま使えるの?」「SIMロック解除はいらないんじゃ・・・?」と思ってる方も多いと思います。

ソフトバンクで買ったiPhone SE 2をワイモバイルで使うには、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除ができるのは、購入して101日目です。

101日目にソフトバンクに申し込んで、SIMロック解除をしてもらいましょう。

ワイモバイルでSIMカードを購入/ココに注意!

次に、ワイモバイルでSIMカードを購入します。

ワイモバイルで使えるiPhone SE 2は、SIMロック解除が終わった状態のSIMフリーの端末です。

この時に注意していただきたいのは、SIMカードの種類です。

SIMカードのサイズは、「nano」と「micro」の2種類があります。

iPhone SE 2のSIMカードは「nano」

とくにオンラインストアで申し込まれる際には、気をつけましょう。

このように、オンラインストアでの申込みは気をつける点もあります。

でも、人との接触を避けられて安心、いつでも好きな時に申し込めるなどの利点もあります。

>>ワイモバイルのオンラインストアを見てみる
\オンアインストアなら事務手数料3,000が0円に!/

ANP設定をする (オンラインストアで購入する場合)

ワイモバイルのオンラインストアからSIMカードが届いたら、ANP設定をします。

APNとは、スマートフォンにインターネットの接続先(ここではワイモバイル)を認識させるための設定です。

スマホを使い始める前には、必ず必要な設定です。

設定そのものは数分で出来る簡単なもので、SIMカードと一緒に届く説明書にも案内されています。

よかったら、ワイモバイルのオンラインストアでスマホデビューを果たした管理人の体験記も参考にされてください。

ワイモバイルのオンラインストアの新規申し込み手順を解説【画像あり】

※ 管理人のスマホデビューは1年前。

そのため、今はキャンペーンの内容は変わっていますが、「申し込み手順~初期設定して使えるようになるまで」の手順は同じです。

ワイモバイルにすると携帯代はいくら節約できる?

スマホを格安スマホのワイモバイルで使うと、携帯代はいくら節約できるでしょう?

ソフトバンクとワイモバイルを、それぞれ1年間使った場合を表にしてみました。

分かりやすいように、どちらも一般的なプラン・キャンペーン抜きの料金の比較です。

【ソフトバンク/ワイモバイル料金比較(税抜き)】

 プラン通信量月額料金年間料金通話料
ソフトバンクメリハリ/ミニフィット5GB7,480円89,760円話した分だけ加算・ 20円/30秒
ワイモバイルスマホベーシック M9GB3,680円44,160円10分間無料

ワイモバイルにするだけで月々3,800円、年間45,600円も節約できますね。

また、ワイモバイルのプランには、10分間の無料通話もコミで付いていますから、実際にはもっと安くなるでしょう。

まとめ

ソフトバンクでiPhone SE 2を半額で買ってワイモバイル使う方法をまとめると、

  1. ソフトバンクの「トクするサポート+」を利用し、25ヶ月目に買い替える。
  2. 101日目にソフトバンクでSIMロック解除をする。
  3. ワイモバイルでSIMカード(nano)を購入する。

という流れになります。

ソフトバンクで買ったiPhone SE 2を、SIMロック解除せずにそのまま使えないのはちょっと残念ですが、ワイモバイルで使うと年間45,600円もの節約になります。

ワイモバイルではさまざまなキャンペーンも開催中です。

>>ワイモバイルのキャンペーン情報はこちらからご覧になれます。

キャンペーンの利用で、スマホ代がさらに安くなるかもしれませんね。