格安スマホ・DMMモバイルの特徴

dmmmobile 格安スマホ業者の特徴

格安スマホのDMMモバイルの特徴についてまとめています。

DMMモバイルは、オンラインのゲーム配信やDMM.com証券などを手がけるDMM.comが運営しています。

テレビのコマーシャルなどで、知名度も高いですね。

利用できる通信回線、スマホの利用料金、店舗数、DMMモバイルで購入できる端末は?DMMモバイルならではのサービスや特徴は?

また、長所だけではなく弱点もまとめていますので、参考にされてください。

DMMモバイル早わかり表

運営会社DMM.com
利用できる通信回線ドコモ
料金1,260円(1GB)~
店舗数なし
購入できる端末アンドロイド

※ 料金はデータ通信+音声通話付きプランの料金です。

DMMモバイルならではのサービス・特徴4つ

480円(業界最安値)でスマホを持てる

DMMモバイルのウリのひとつは業界最安値です。

「データ通信+音声通話付き(3GB)」のプランは1,500円。

ネット利用のみの「データ通信(1GB)」のプランなら480円。

格安でスマホを持つことができます。

他にも、DMMモバイルには業界最安値プランがいくつも用意されています。

 「SNSフリー」プランがある

LINEやインスタグラム、ツイッターなどのSNSが、カウントフリーになる「SNSフリー」オプションがあります。

カウントフリーとは、いくら使っても契約しているデータ通信量が減ることはなく、使い放題ということです。

毎月の利用料金に、プラス250円でこのオプションを追加することができます。

ただ、「SNSフリー」に申し込めるのは、データ通信量が容量3GB以上のプランです。

データ通信量を「ライト(低速のみ)」「1GB」「2GB」を選んだ場合は申し込めませんので注意してくださいね。

 ータ通信が低速になっても読み込みは高速

データ通信は毎月契約している容量を使い切ってしまうと速度制限がかかり、高速通信から低速通信へ切り替わります。

低速通信になると、画像の多いサイトの閲覧や音楽を聴くのに時間がかかるなど、ネットの利用にストレスを感じることがあります。

DMMモバイルは、低速通信でも、最初の読み込みは高速通信で行う機能(バースト機能といいます)を利用できます。

データ容量を一番使うのは、サイトを表示させるなど最初の読み込みの時です。

バースト機能で、低速になってもあまり画像が多くないサイトやSNSは高速で読み込みます。

そのため、ネットもあまりストレスを感じることなく利用することができます。

4タイプの追加チャージを選べる

毎月契約しているデータ通信量を使い切っても、追加チャージをすることで、高速通信のまま使うことができます。

これは、どこの携帯会社も同じなのですが、DMMモバイルは追加チャージを以下の4つから選ぶことができます。

100MB500MB1000MB1000MB
(繰り越しなし)
200円

600円1,100円480円

小さく分けられているため、あなたに合った容量を追加することができてムダがありません。

追加チャージには、有効期限がありますので気をつけましょう。

(繰越なし)と書かれているものは、チャージしたその月だけの利用。

何も書かれていないものの有効期限は3ヶ月です。

DMMモバイルの3つのウィークポイントは?

 低利用期間あり(縛りなし)

DMMモバイルには、最低利用期間があります。

「データ通信」+「音声通話」のプランの場合、最低利用期間は「利用開始日の翌月1日から12ヶ月間」となっています。

例えば、1月に利用を開始した場合、最低利用期間は2月~翌年1月まで。

この期間内に解約すると9,000円の解約手数料が発生します。

解約手数料は、「データ通信」+「音声通話」プランから、「データ通信」のみのプランへ、プラン変更した場合も同じように必要になってきますので、ご注意ください。

ただ、2年縛りのような、何度もやってくる縛りはなく、最低利用期間を過ぎたら、違約金を支払う必要はありません。

ちなみに、「データ通信」プランには、途中解約しても解約手数料の支払いはありません。
 舗がない

DMMモバイルは、店舗がありません。

実際の受付窓口がなく、申込みはウェブのみ。

サポートは、公式サイトのお問い合わせフォームか電話のみになります。

ただ、契約前の質問には、コレクトコールの電話が用意されています。

TEL 0120-381-668

格安スマホ会社の中には、契約前は直接電話で聞くことができずチャットかメールだけ、という所もありますので、コレクトコールで直接聞けるのは安心ですね。

ただ、店員さんに実際に会っていろいろ聞きたいという方には、少し敷居が高く感じるでしょう。

間帯によって通信速度が低下する

格安スマホは、多くの人がスマホを一度に使う時間帯に通信速度が遅くなりがちです。

多くの人が使う時間帯とは、通勤時間やお昼休み、午後からの休憩時間、帰宅時間、夜ホッとする時間など。

DMMモバイルは、こういう混み合う時間帯でも健闘している方、1日の通信速度を調べても健闘している方です。

ただ、その中でも、お昼休みと帰宅時間の午後6時頃に、通信速度のスピードが落ちる傾向にあります。

サラリーマンの方など、この時間にスマホを使うことが多い方にとっては、ストレスを感じるかもしれません。

まとめ

DMMモバイルは、

●480円でスマホが持てる。

●SNSフリーオプションがある。

●追加チャージが細かく設定されていて選びやすい。

など、DMMモバイルならではのサービスが特徴です。

ただ、店舗がない、時間帯によって通信速度が落ちるなどの弱みもあります。

また、最低利用期間があるのにも気をつけましょう。

DMMモバイルならではの魅力としては、契約すると利用金額の10%のポイントをもらえること。

このポイントは、DMMのゲームや動画、通販などで使えるので、DMMのサービスを利用される方にとっては嬉しいですね。

さらに、プラス850円で「10分かけ放題」のオプションも用意されています。

「長電話はしないけど電話はよくかける。。」

「月々のスマホ利用料を節約したい。」

という方は、「業界最安値」をうたっているDMMモバイルを検討して見られてはいかがでしょうか。

【DMMモバイル】業界最安値水準