スマホのブルーライトをカットする方法(iphone/アンドロイド)

スマホのブルーライトをカットする方法 格安スマホのウラ技編

スマホを長時間見ていると、目が疲れたり、乾いたりすることはありませんか?

また、夜、休む直前までスマホを触っていてよく眠れないなど、体調不良を感じる方も多いですよね。

スマホのブルーライトは、目だけではなく体全体の健康にも影響しています。

実は、スマホにはブルーライトをカットする機能が備わって(搭載されて)いるんですが、知っていましたか?

iphoneとアンドロイドで、ブルーライトをカットする方法をご紹介します。

あらかじめ設定しておいて、できるだけ目や体の負担を減らしましょう。

スマホのブルーライトをカットする方法

iphoneでブルーライトをカットする方法

ホーム画面の「設定」をタップします。

「設定」画面の「画面表示と明るさ」をタップします。

次の画面の「Night Shift(ナイトシフト)」をタップします。

 

次に「時間指定」をタップすると、グレーのボタンがグリーンになりオンになります。

次に「開始」と「終了」をタップします。

 

「オンにする時刻」を選びます。

 

「オフにする時刻」を選びます。

 

すると、設定した時間だけは温かい色合いの画面になり、ブルーライトをカットすることができますよ。

色合いは、「色温度」の所で自分で調節することもできます。

アンドロイドでブルーライトをカットする方法

アンドロイドにも、ブルーライトをカットする機能が搭載されています。

でも、搭載されていない機種も多いです。

搭載されていない機種には、アプリを使って簡単にブルーライトカットの機能を搭載することができます。

アプリのダウンロードは無料です。

Googleの「 Playストア」をタップします。

検索窓に「ブルーライトカット」と入力します。

すると、ブルーライトカットのアプリがズラッと出てきます。

 

その中で、4.8と評価が高いアプリをふたつご紹介します。

1. 目の保護–ブルーライト軽減あなたの不眠を解消します


2. ブルーライト軽減フィルター・ナイトモード偏頭痛用・アプリ

ただ、無料のものにありがちな広告が表示されます。

「広告なし」で、評価が4.5と人気なのは以下のアプリです。

広告無し)ブルーライト軽減無料人気:ブルーライトカットアプリ

あなたの悩みに合いそうなものを選んでダウンロードしましょう。

まとめ

ブルーライトカット機能はiphoneや一部のアンドロイドにはもともと備わっています。

搭載されていないアンドロイドも、無料のアプリでブルーライトカット機能を搭載できます。

ぜひ、設定して目に優しいスマホライフを送りましょう。