ワイモバイルとイオンモバイル徹底比較!料金・音声通話・キャンペーンなど

ワイモバイルとイオンモバイルを比較 Y!mobile&格安スマホ比較

格安スマホのワイモバイルとイオンモバイルの違いを比較しています。

どちらも、10分間かけ放題のプランが用意されています。

大手携帯会社のかけ放題は5分間、格安スマホの中でも、10分間のかけ放題が提供されているところは多くないため、大きな特徴といえるでしょう。

この2社の違いを、料金、音声通話、通信速度、キャンペーンなどで比較してみました。

ワイモバイル・イオンモバイル比較表

 ワイモバイルイオンモバイル
料金1,980円(3GB)~1,980円(0,5GB)~
音声通話10分間・無制限10分間
回線ソフトバンクドコモ・AU
店舗数4,000店舗約220店舗
通信速度(1日平均)33.4Mbps12.6Mbps
データ繰り越しなしあり
速度切り替えなしあり
キャンペーンワンキュッパ割/基本使用料1,000円引き(12ヶ月間)新規/基本料金半額(4・6・8GBプラン/3ヶ月間)

※ 料金は「データ通信」+「音声通話付き」+「通話定額」を表にして比較しています。

※通信速度の単位 Mbpsは、数字が大きいほど速くなります。

ワイモバイルとイオンモバイル、2年間使うと安いのはどっち?

ワイモバイルとイオンモバイルの料金を、同じ通話定額付きのプランで比較すると、1,980円~と同じです。

でも、同じ料金でも、利用できるデータ通信容量は、ワイモバイル3GBイオンモバイル0,5GBと、大きく違っています。

そこで、イオンモバイルの2GBのプランとワイモバイル3GB(3年目以降2GB)のプランを、2年間使った場合の料金を比較してみました。

ワイモバイルは、1年目以降は利用料金が1,000円upします。

そのため、2年間使うと月額利用料金は以下のようになります。

   2年間データ通信量
ワイモバイル1,980円 x 12ヵ月= 23,760円
2,980円 x 12ヵ月= 35,760円
59,520円3GB(3年目以降2GB )
イオンモバイル2,230円x24ヵ月= 53,520円53,520円2GB

2年間利用した場合は、イオンモバイルの方が6,000円安いですね。

利用料金の安さで選ぶならイオンモバイル

イオンモバイルは、インターネットだけを利用する「データ通信」プランなら480円から利用できます。

また、データ通信料が足りなくなった時の、追加チャージの料金も安いです。

ワイモバイルは、500MB/500円ですが、イオンモバイルは、100MB/48円という安さです。

”縛り”なしの格安スマホならイオンモバイル

ワイモバイルは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と同じように”2年縛り”があります。

2年以内の解約には、9,500円の契約解除料がかかります。

“2年縛り”について詳しくはこちらのページをご覧ください。

ですが、イオンモバイルには、この”縛り”がありません。

”縛り”のない格安スマホをお探しなら、イオンモバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、180日以内の乗り換え(MNP)には、8,000円の手数料が発生します。

 

>>イオンモバイルの公式サイトはこちら

 

イオンモバイルについて、詳しくはこちらのページをご覧ください。

通信速度とサポート重視ならワイモバイル

格安スマホを選ぶ時に大事なのが、料金・通信速度・サポートの3つです。

通信速度が遅いと、動画の画質が良くなかったり、画像の多いサイトの閲覧に時間がかかるなど、ストレスを感じてしまいます。

ワイモバイルは、ソフトバンクが運営しているだけに、通信速度が速く安定しています。

また、店舗数が多いため、分からないことを直接店員さんに聞くこともできます。

料金もそれなりに安く、スマホを快適に使えて、イザという時のサポートが安心の格安スマホをお探しなら、ワイモバイルを検討してみましょう。

ワイモバイルについて、詳しくはこちらのページをご覧ください。

iphoneをお得に購入するならワイモバイル

 

 

iphoneを購入して格安スマホを始めるなら、ワイモバイルです。

今なら、iPhone 6s(32GB)が540円という破格の値段になっています。

ワイモバイルで買えるスマホは、少し前の型落ち品ですが、安く購入できるのが魅力です。

iPhone 7(32GB・128GB)もラインナップしています。

イオンモバイルではiphoneは購入できません。

そのため、iphoneをこれから購入するという方には、ワイモバイルはおすすめです。

>>ワイモバイルの公式サイトでiphoneを見てみる。