ワイモバイルとUQモバイル徹底比較!料金・音声通話・キャンペーンなど

ワイモバイルとUQモバイル比較 Y!mobile&格安スマホ比較

ワイモバイルとUQモバイルは、どちらも大手携帯会社が運営しています。

サブブランドと呼ばれるこの2社にはどんな違いがあるのでしょう?

料金や音声通話、キャンペーンなどを比較してみました。

ワイモバイル・UQモバイル比較表

 ワイモバイルUQモバイル
料金1,980円~(半年間)1,980円~(ずっと)
音声通話10分間・無制限(オプション)10分または60分/月(オプション)
店舗数4,000店舗約2,700店舗
通信速度(1日平均)33.4Mbps104Mbps
データ繰り越しなしあり
速度切り替えなしあり
キャンペーン事務手数料0円(2019年10月1日より/オンラインストア限定)5,000円キャッシュバック (当サイト限定)

※料金は「データ通信」+「音声通話付き」+「通話定額」を表にして比較しています。

※通信速度の単位 Mbpsは、数字が大きいほど速くなります。

※キャンペーンは、複数ある中から一押しの誰でも受けられるキャンペーンを選びました。

 

どちらも大手携帯会社が運営していて、よく比較されるワイモバイルとUQモバイルですが、
サービスの内容は、少しづつ違っています。

上の表からも分かるように、ワイモバイルは月額料金が1,980円で利用できるのは、700円の割引が適用される半年間だけです。

半年後には→2,680円になりますが、UQモバイルはずっと1,980円のままです。

これは、通話が基本のプランに付いているかオプションで選べるかの違いです。

同じ10分間かけ放題で比較すると、月額料金はどちらも2,680円のため、半年間1,980円で利用できるワイモバイルの方が安くなります。

ただ、ワイモバイルは、10分間かけ放題が基本プランについていますが、UQモバイルは、オプションで選ぶ分、基本プランが安く設定されています。

ワイモバイルに向いているのはこんな人

スマホでたくさん電話をしたい

ymobile-osusume-sumaho

UQモバイルは、10分間かけ放題(700円)またはひと月に60分間の通話パック(500円)を、オプションで選びます。

いっぽう、ワイモバイルは、基本のプランに10分間のかけ放題がついており、さらに、オプションで時間無制限のかけ放題というプランを選ぶこともできます。

「県外に住んでいる家族と安心して電話をしたい」など、スマホで電話料金を気にせずに電話をかけたいなら、ワイモバイルを選びましょう。

直接サポートを受けたい

サブブランドも含め格安スマホ会社は、実際の店舗が少ないのがデメリット。

それだけに、直接店員さんに会ってサポートを受けることができません。

そんな中、ダントツで店舗数が多いのがワイモバイルです。

あなたも、街のどこかで、ワイモバイルの店舗を見かけたことがあるかもしれませんね。

たとえ、オンラインストアで購入しても、分からないことは直接店員さんに聞くことができます。

安心してサポートを受けたいなら、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの公式ページはこちら。

ワイモバイルの詳細ページはこちら。

UQモバイルに向いているのはこんな人

データ通信を節約したい

ワイモバイルは、データ通信の繰り越しができません。

また、「高速通信」と「低速通信」を好きなように切り替えることができず「高速通信」のままです。

それに対して、UQモバイルは、データを繰り越すことができます。

そのため、その月に使いきれずあまったデータ通信料は、翌月に上乗せして使うことも可能です。

また、「高速通信」と「低速通信」を切り替えることができます。

そのため、LINEなどのSNSをする時に「低速通信」に切り替えるなど、データ通信を節約することができます。

通信速度を重視したい

ワイモバイルもUQモバイルも、他の格安スマホに比べると、通信速度が速くて安定しています。

ですので両社とも、人がたくさん使う時間帯でも、インターネットが繋がりにくいということはありません。

その中でも、UQモバイルの通信速度の速さは定評があります。

通信速度を気にせずに、いつでも動画やゲームを楽しみたいなら、UQモバイルは安心でしょう。

キャッシュバックキャンペーン(5,000円)は、こちらからのお申し込み限定です。

UQモバイルの詳細ページはこちら。