ワイモバイルの料金の仕組みってどうなってる?シミュレーションも!

ワイモバイルの料金 ワイモバイルの全て

ワイモバイルは、格安スマホ業者の中でも、スマホが初めての方にも利用しやすいサービスが特徴です。

(ワイモバイルって何?という方は、こちらの記事をご覧ください)

ただ、大手携帯会社もそうですが、スマホの料金って分かりづらいですよね?

そこで、
「ワイモバイルの料金はどうなってる?」
「スマホのお得なプランはあるの?」
「毎月の支払いはいくら?」

など、分かりやすくまとめました。

人気のiphone で、お得なプランのシミュレーションもしてみましたので、良かったら参考にされてください。

シミュレーションは公式サイトですることができます。

あなたに合ったプランとスマホを見つけてみてはいかがでしょうか?

ワイモバイルのスマホ代って毎月いくらかかるの?

ワイモバイルのスマホ料金のしくみはとってもシンプル。

3つのプランから選ぶだけですので、迷うことがありません。

3つの「スマホベーシックプラン」の中から選ぶだけ!

ワイモバイルには「スマホベーシックプラン」というお得なプランが用意されています。

以下の3つのプランの中から自分に合ったプランを選びます。

スマホベーシックプランS   月額 1.980円(半年間)
スマホベーシックプランM   月額 2.980円(半年間)
スマホベーシックプランR   月額 3.980円(半年間)

「スマホベーシックプラン」の料金の内訳は?

スマホベーシックプランに含まれるのは、「データ通信量」+「音声通話」の料金です。

「データ通信量」+「音声通話」はよく使う組み合わせです。

そのため、最初からプランに設定されていているのはお得ですね。

このプランは、スマホで電話をする機会が多い方には、使いやすいサービスです。

「音声通話」の内容は、10分以内なら何度でも無料で電話ができます。

「スマホベーシックプラン」の3つの違いはデータ容量

スマホベーシックプランのS~Lは、データ通信量の大きさです。

容量が多いほど毎月の支払い金額が高くなります。

プランによって使える容量は、以下のようになっています。

スマホベーシックプランS  毎月 3GB(ギガバイト)
スマホベーシックプランM   毎月 10GB(ギガバイト)
スマホベーシックプランR  毎月 14GB(ギガバイト)

※今、キャンペーン中のため、データ容量が増量されるオプションが1年間無料でついています。

なので、1年間実際に使える容量は、増量されて以下のようになります。

スマホベーシックプランS   毎月 4GB(1年間)
スマホベーシックプランM    毎月 13GB(1年間)
スマホベーシックプランR   毎月 17GB(1年間)

スマホベーシックプランSの場合、1年間は3GBではなく4GBの容量を無料で使えるということですね。

ワイモバイルのスマホの料金は半年間が過ぎたら700円UP

ワイモバイルでは、今「新規割」キャンペーン中です。

キャンペーンの内容は、毎月のスマホ代が半年間だけ700円安くなるというもの。

半年経ったら、それ以降は以下のようにそれぞれ700円高くなります。

↓半年過ぎた料金↓

スマホベーシックプランS   月額 2.680円
スマホベーシックプランM    月額 3.680円
スマホベーシックプランR   月額 4.680円

※ それ以降は高くなることはなく、ずっとこのままの料金です。

「半年経ったらスマホ代が高くなったけど、なぜ?」ということがないように、覚えておきましょう。

それでも大手携帯会社に比べると、スマホ代をずいぶん安く押さえることができますよ。

スマホベーシックプラン「S」「M」「R」は何を基準に選ぶ?

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、「S」「M」「R」の3つのみ。

とってもシンプルで選びやすいのですが・・・

スマホがはじめての場合、「何を基準に選べばいいの?」と迷ってしまいますよね。

スマホベーシックプランの「S」「M」「R」の違いはデータ通信量の容量の多さです。

じゃあ、データ通信量が多いと何が違うんでしょう?

それは、スマホで出来ることが違ってきます。

ワイモバイルのスマホベーシックプラン、自分に合ったプランはどれ?

ワイモバイルの公式ページを見てみると、以下のように書かれています。

スマホベーシックプランSメールとインターネットがメインの方
スマホベーシックプランMアプリをたくさん使う方
スマホベーシックプランR動画やゲームをすることが多い方

 

プランをどれにするかは、「自分がやりたいこと」を基準にして選ぶといいですね。

ただ、Wi-Fi(ワイファイ)を使う場合は、契約したデータ通信量が減ることはありません。

Wi-Fiのある環境でスマホを使えば、動画を見たりゲームをたくさんする方でも、データ通信の容量が少ないプランでも大丈夫です。

データ通信の容量で毎月のスマホ代は大きく変わります。

そのため、いつも自宅などでWi-Fiを使うこと多いのか、それとも外でWi-Fiのない環境で使うことが多いのかを考えながらプランを選ぶと、よりスマホ代を節約できますね。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは変更できるの?

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、最初に契約したプランを途中で変更することもできます。

たとえば「スマホベーシックプランS」から「スマホベーシックプランM」へ、またその逆もできます。

変更したプランが適用されるのは、申し込んだ翌月からになります。

変更は無料で何度でもできます。

ですので「とりあえずMプランで始めてみよう」など、気軽に決めても大丈夫。

そのため、

「実際に使ってみてどのくらい容量が減るの?」
「このプランの容量だと使い心地はどうなの?」

など、様子を見ることもできますね。

ワイモバイルのスマホ料金(iphone  6s)をシミュレーションしてみよう

ワイモバイルで初めてスマホを利用する場合、毎月のスマホ代はどのくらいかかるんでしょう?

公式サイトでカンタンにシミュレーションすることができますよ。

今回は、パソコンでシミュレーションしていますが、スマホでも同じようにできるので一緒にやってみましょう。

ここでは例として、新規契約、プランは「S」、機種はiphone 6sを使う場合を
シミュレーションしてみました。

 

※ 2020年7月から新しい料金に変更になりました。
それに伴い公式ページ内のシミュレーションページ(個人用)はなくなりました。

↓ 現在の新料金は【スマホプラン診断「S」「M」「R」】のページでお確かめください。↓

>>ワイモバイルのスマホ料金を【スマホプラン診断「S」「M」「R」】で確かめる

ワイモバイルのスマホ料金、シミュレーション手順

ワイモバイルの公式サイトで「料金」をクリックします。

【ワイモバイルの公式サイト】

②すると、次のページが表示されます。

ページの中ほどにある「おすすめ情報」から、「料金シミュレーション」をクリックします。

③すると以下の画面が表示されます。

さっそく「シミュレーションする」をクリックしましょう。

④次の画面で、契約方法を選びます。

「新規契約」「乗り換え」「機種変更」の3つから選びます。

今回は「新規契約」を選びます。

⑤次の画面でiphoneをクリックします。

⑥次の画面でプランと機種を選択します。

ここで、プランは「S」、機種はiphone 6s(128GB)を選びます。

すると、以下のようにシミュレーションの結果が表示されました。

【シミュレーション結果】

1年間は、毎月のスマホ料金は3.758円。
2年め以降は4.838円。

ということが、分かります。
カンタンですね。

これは、スマホの機種代と利用料金の両方が含まれた金額になります。
(※2年間利用した場合の金額です。)

このシミュレーション結果の画面からそのまま申し込むこともできますし、

別のプランや機種でもう一度シミュレーションすることもできます。

今回は、機種はiphone6s(128GB)、プランはスマホプランsでシミュレーションしてみました。

毎月支払う料金は、新規、乗り換え、機種変更などの契約方法、または機種によって違います。

また、割り引きの金額なども違ってきます。

毎月のスマホ代っていくらかかるの?という時は、このシミュレーションを利用するとカンタンに確認することができますよ。

 

※ 2020年7月からの料金変更に伴い、公式ページ内のシミュレーションページ(個人用)はなくなりました。

現在の新料金は【スマホプラン診断「S」「M」「R」】のページでお確かめください。

>>ワイモバイルのスマホ料金を【スマホプラン診断「S」「M」「R」】で確かめる